育てているバジル

淡々と自分の為に書いてるやつです

ウェブデザイナーでいることと、転職意識

最近デザイナードラフトをちょこちょこやっている。

ポートフォリオを作ったりまではやれていないが、

例えば過去の作品を引っ張り出して、採用されるまでの経緯をまとめたり。

feedbackで面白かったのは、

「採用された際の資料なども、可能であればご掲出いただければと思います。」

photoshopの画像アセットを使うことにした問題の中身と、その問題を解決する手法としてphotoshopを使うことにした理由はありますでしょうか?」

とか、当たり前だと思っていることを今一度資料としてプレゼンする必要があるということ。

 

転職意識が無くても、市場価値を持っておくことはすごく大切だと思う。

 

あと、他の人で、「マーケットにインパクトを残す」といっているひとも、いいなと思った。内実伴わないといけないけど。

 

私の場合は、「遊び心から始まる誠実なサービスを提供する」といったところ。

地味だけど自分の気持ちに合ってる。